自宅でピラティス

産後、小さな子供と一緒に過ごしていたらいつの間にか下っ腹や二の腕に余計なお肉がついていてビックリなんてことがあります。
私の場合も、やはり子供を幼稚園入園まで育てている間に、全身にお肉がついてしまっていました。でもジムに通うお金もないし、ということで、お安く、そして無理なく続けられそうなことをしたい!と思い、自宅でピラティスをすることを決意しました。
ピラティスに関する書籍は沢山出ています。インターネットでレビューを読んだりして私はその中から、初心者にも分かりやすく写真が多く、なおかつDVDが付いているものを選びました。これだといちいち本を確認しながらという手間がかからずとてもやりやすいです。
購入してすぐに、DVDをみながらピラティス開始です。
でも何事も基本が大切なんですね。いきなり色々なポーズをするのではないそうです。まずは姿勢や基本ポーズからでした。
日頃運動しない私にとっては、基本の中のテーブルトップという足を持ち上げて膝を直角に曲げる、という動作一つにしてもなかなか体に負荷がかかって、ピラティスしている!という実感が沸いてきます。
呼吸についてでは、自分の胸に手を当てて呼吸を掌で感じるのですが、なんだか全員に酸素がいきわたってそれだけで体がきれいになっていくような気がします。
基本の最後には骨盤や恥骨を動かしてCカーブというのを作るのですが、腰痛持ちの私にはこの動きがとても気持ちが良かったです。この動きをきちんとすることでピラティスで逆に腰痛になるという事態を防げるそうなので大切な姿勢とのことです。この動きは気持ちがいいのでよく寝る前に布団の中でも行ったりしてます。
以上の基本を行ってから実際の動きに入ります。
私もまだまだ初心者なので今後もっといろいろなポーズを経験して、引き締まった体を手に入れたくトレーニングしているところです。
自宅で自分の空いた時間にできるので、無理がなくこれからも続けられそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です